ミーハー女子大生の香港映画感想

ジャッキー・チェン主演のカンフーアクション映画しか見たことないミーハー女子大生が様々なジャンルの香港映画を視聴し、 完全なる独断と偏見で感想を述べるブログ。

ジャッキー・チェン

サンダーアーム(龍兄虎弟)

1986年に日本で公開されたサンダーアーム(龍兄虎弟)を見ました。

〜簡単なあらすじ〜
好きだった女性(親友に取られた)を変な宗教から救い出す!

です。

前半のカーアクションで派手なシーンが何箇所かありますが、ラストでジャッキーが崖から飛び降り気球に飛び移るというなんともとんでもないシーンがあるのですが、いったいどうやって撮影しているんだ?と思ってしまうくらいすごいです(私にとってはすべてのシーンがどうやって撮影しているのかわかりませんが)

映画の内容とは関係ないのですが、この映画の撮影でジャッキーは頭蓋骨骨折の大怪我をしたらしいです。そして左耳がほぼ聞こえなくなってしまったとか…。ジャッキーのアクションやスタントは本当に命がけですね。

ベスト・キッド

2010年に日本で公開された映画「ベスト・キッド」を見ました。
またもやアメリカ映画かと見せかけてアメリカと中国の共同制作らしいです。

~たまには真面目にあらすじ~
デトロイトから中国に引っ越してきた 主人公ドレはカンフーが得意なクソガキ達にいじめられ、ジャッキーに弟子入りしてそのクソガキ達に立ち向かう

です。


ジャッキーの拳シリーズの現代版(アメリカ人向け版)って感じでした(いじめられる→修行する→立ち向かう) 
 なんだか全体的に真面目でシリアスな映画で正直な話すこし退屈でした。
けれど主人公ドレ役のジェイデン・スミス君が可愛いので良しとしましょう。(ちなみに吹き替え版の声優はリリーナ・ドーリアンの人)(クレヨンしんちゃんの人)

ちなみに映画の話はここで終わりです。
これからは私の日常の話です。
韓国・中国で活躍しているEXOという歌って踊れるチームにチェンという人がいるらしいのですが友人がその方のことが大好きなので通話をしているとたまにこんなことが起きます↓
日常



噛み合っているようで噛み合ってませんね。

タキシード

2003年に日本で公開された映画「タキシード」を見ました。
これもアメリカ映画なのですがジャッキーなので記事を書きます。

このタキシード結構前から存在は知っていたのですがどうしても見る気が起きませんでした。
なぜならパッケージがあまりにもつまらなそうだからです。
どんなパッケッージかというとタキシードを着ているジャッキーとヒロイン役の女優がポーズを決めているだけなのです。
このパッケージを見ただけではストーリーやどんなアクションかなどまったく予想つかずドキドキ感が0なのです。

ですが見たら考えが一転しました。
コミカルアクションという名にピッタリの映画で、とても楽しめました。

~タキシードの超簡単なあらすじ~
着たら強くなれるタキシードを着てジャッキーが戦う

です。

その強くなるタキシードをなぜジャッキーが着て戦わなければならないのかというのは長くなるので説明しません。

ジャッキーのキャラはもちろんですが、この映画はサブキャラ達がとてもいいキャラをしていたと思います。
敵も味方も嫌な奴が多いのですが、時々可愛らしくて憎めないのです。

アクションも小道具を使ったものが多めで、そして笑えたので私はこの映画が好きです。
真面目な映画が好きな人にはオススメはできません。


 

ダブル・ミッション

2010年に日本で公開された「ダブル・ミッション」を見ました。
この映画はアメリカで制作されたものですがジャッキーが主演なので記事を書きます。 

~2秒でわかるストーリー ~
ジャッキーが結婚相手(バツ1)の子供と仲良くなろうとする話。

この映画のジャッキーは表は人当たりの良い人間ですが実はスパイという設定です。
子供が3人メインで出てきます。子供がアクションに巻き込まれるのはあまりいい気持ちでは見れないなと思っていたのですがその子供たちがおもしろおかしいアクションを見せてくれたので楽しかったです。
ジャッキーと子供の絡みはみていて可愛いです。

スパイのジャッキーを狙ってロシアのスパイたちが襲ってくるのですが、そのロシア人たちが敵ながらもいいキャラをしていて笑ってしまいました。

次はジャッキー主演の「タキシード」の記事です

レッドブロンクス

明けましておめでとうございます。
お久しぶりです。

1995年に日本で公開された「レッドブロンクス」を見ました。
この時のジャッキーはやけにムキムキだと思いましたが気のせいですかね…?

~1行でわかるあらすじ~
お店を経営する友達とジャッキーVSその店をを荒らしに来る暴走族~

後からその暴走族達よりも悪いマフィアみたいな奴らが出てきます。

前半は頭がキマってる暴走族達がとにかくジャッキー達のお店を破壊しまくるので
見てて胸糞が悪いです。(ジャッキーが集団にボコボコにされちゃったりします)

ですが後半はジャッキーがその暴走族達相手に立ち向かい
見ていて気持ちのいいほどの大人数相手のアクションを見せてくれます。
終盤になればなるほどド派手になっていき、笑いも増えていき、最後はスカっとさせてくれます。

そういえばこの作品でジャッキーが足首?を骨折してしまい、治療のため巻いた包帯の上に
靴の絵を描いた靴下を着用し演技を続けたと聞きました。役者魂ですね。

今回レッドブロンクスの絵は描いていないので、前に描いた落書きをのせます。

キャノンボール

結構前にキャノンボールを見たときに描いたジャッキーです。
若いのにケンカが強いみたいな設定が好きでした。
この映画でジャッキーが乗ってる車は三菱です。(空飛んだり水に潜ったりする)(さすが日本製)
(キャノンボールは1も2も見ましたが1のほうが面白かったです)

あともう一枚。

プロジェクトA


プロジェクトAのジャッキーとサモハンです。
中国文化とイギリス文化がまざりあった時代で、とても大好きです。
プロジェクトAは1も2も笑えて面白いし、アクションもかっこよく、ジャッキーのキャラも可愛らしくてどちらもオススメです。 

次回の記事は香港映画から少し離れて(ブログのタイトルは無視)
有名なタイの映画「マッハ弐」と「マッハ参」を見たのでそのことを書きたいと思います。
とにかくノンスタントのアクション好きにはたまらなく、香港でも有名らしいので
このブログを読んでる人にオススメできます。
ギャラリー
  • ベスト・キッド
  • レッドブロンクス
  • レッドブロンクス
  • 少林寺木人拳
  • 少林寺木人拳
  • 少林寺木人拳
  • 少林寺木人拳
  • 香港発活劇エクスプレス 大福星
  • 香港発活劇エクスプレス 大福星