明けましておめでとうございます。
お久しぶりです。

1995年に日本で公開された「レッドブロンクス」を見ました。
この時のジャッキーはやけにムキムキだと思いましたが気のせいですかね…?

~1行でわかるあらすじ~
お店を経営する友達とジャッキーVSその店をを荒らしに来る暴走族~

後からその暴走族達よりも悪いマフィアみたいな奴らが出てきます。

前半は頭がキマってる暴走族達がとにかくジャッキー達のお店を破壊しまくるので
見てて胸糞が悪いです。(ジャッキーが集団にボコボコにされちゃったりします)

ですが後半はジャッキーがその暴走族達相手に立ち向かい
見ていて気持ちのいいほどの大人数相手のアクションを見せてくれます。
終盤になればなるほどド派手になっていき、笑いも増えていき、最後はスカっとさせてくれます。

そういえばこの作品でジャッキーが足首?を骨折してしまい、治療のため巻いた包帯の上に
靴の絵を描いた靴下を着用し演技を続けたと聞きました。役者魂ですね。

今回レッドブロンクスの絵は描いていないので、前に描いた落書きをのせます。

キャノンボール

結構前にキャノンボールを見たときに描いたジャッキーです。
若いのにケンカが強いみたいな設定が好きでした。
この映画でジャッキーが乗ってる車は三菱です。(空飛んだり水に潜ったりする)(さすが日本製)
(キャノンボールは1も2も見ましたが1のほうが面白かったです)

あともう一枚。

プロジェクトA


プロジェクトAのジャッキーとサモハンです。
中国文化とイギリス文化がまざりあった時代で、とても大好きです。
プロジェクトAは1も2も笑えて面白いし、アクションもかっこよく、ジャッキーのキャラも可愛らしくてどちらもオススメです。 

次回の記事は香港映画から少し離れて(ブログのタイトルは無視)
有名なタイの映画「マッハ弐」と「マッハ参」を見たのでそのことを書きたいと思います。
とにかくノンスタントのアクション好きにはたまらなく、香港でも有名らしいので
このブログを読んでる人にオススメできます。